ブログトップ

みどりぐみ

midorigumi.exblog.jp

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ゆるやかな階段をのぼる感じ

第14回は、みどりぐみにとって、確実にステップアップできた日だと思います。
みなさんからいただいたコメントにもそれが表れています。

いただいたコメントから抜粋してみます。

月一回の活動ですが、ちょっとした変化を感じることがうれしいですね。
順番を待ってもらっているときも、支援員さんの協力や、入所者さん同士が話をしながら待っててもらえているので、私たちが焦ることなく出来るので、とても楽させてもらってます。
まだ一年ですが、これからも続けていくことによって、いろんなことを教えてもらえそうで楽しみです。
(bakuさん)

今回も支援員さんがいろいろ工夫やお手伝いをしてくださってスムースに進みます。
活動の場所へやってくるのをユニット(部屋)ごとにしたり、ケアする順番に座席を誘導してくださったり。
おかげで、「ケアする順番を決め、写真を撮り、洗面所へ誘導」というわたくしの担当部分が本当にスムーズに混乱なくできました。
ありがとうございます。
こうやって支援員さんもやってきてくださって、どんどん関係が近くなっていくのがありがたく、うれしいです。どうもありがとうございました。
(omori-hiさんのみどりぐみ 第14回より)

これです。
支援員さん方の協力」。
実はこれは今回にはじまったことではなく、いつの頃からか、支援員のみなさんのサポートのおかげで流れがすごくよくなったんです。
わたくしたちがお願いしたわけでもないのに、いろいろと考えてくださっているんです。

そして毎回少しずつやり方を変えて下さってて、回を追うごとによりよくなっているんです。

今回、支援員さんたちの積極的な協力とわたしたちの活動に一体感を強く感じました。
これはすごいことです。

わたしたちのほうから、支援員さんに「こうして下さい」と依頼した覚えが全くないのです。

看護師のyukoさんのお力はあると思います。

いずれにしても間違いなく何かがみなさんを動かしてくれているのです。
それが何かわたくしにはわかりかねますが、こうして動いて下さることに心から感謝いたします。
ありがとうございます。

もちろん口腔ケアの実践についてもステップアップできています。

口腔ケアはすこしずつ、みんなの顔と名前がそして性格というか
個性が見えてきて、ますます楽しくなってきました。

入所者のみなさんも変化しているし、なにより私自身が
変化していくきっかけをもらってるなぁーと感じています。
(tsmtさん)

実は回を重ねるたびに“こんな感じでいいの?”って悩んでしまいます。
最初の時は無我夢中で終わってしまった感じたけど、衛生士さんの人数が増えて余裕が出てきたら、これでいいの?って…
bakuさんもtsmtさんも利用者さんに対しての声掛けや心くばりがすばらしくて…
すごくいい勉強になります。 お二人に少しでも近付けたら…と思います。
(sayuさん)

sayuさんからはメールでいただいたのですが、いただいたメールに次のように返信しました。

おはようございます。なるほど、いろいろ考えちゃいますよね。
こんなんでいいのか?というのはぼく自身にも当てはまりますからね。
自分が納得できなければ自分で納得できるように変えていかなきゃ仕方ないかなと思います。
ぼくがsayuさんの口腔ケアで十分ですよと言うのは簡単なことですが、それでは納得できないんじゃないですか。
メンバーが安定してくればメンバー同士でケアの方法なんかをディスカッションできるとおもしろいでしょうね。
みどりぐみ自体が発展途上です。
みんなで歩きながら行き先を探しましょう。
(omori-sh)

これでいいの?と思うこと自体、ステップアップだと思います。
これでいい、という時点で成長が止まってしまう恐れがありますからね。
どんどん上に上がるんじゃなく、前に進むという方が適しているとは思いますが、みどりぐみはまだ1歳ですから、上にも伸びたいですね。
だからゆるやかな階段をのぼる感じだと思います。
のぼりながら前に進んでいきましょう。

だから、わたしたちはまわりの景色を見る余裕を忘れずに行きたいと思います。
はしごを上るように上しか見ないという進み方ではありません。
まわりの風景を楽しみながら行きましょう。

遠足気分を味わえ」たり、「プチ旅行に来ているよう」だったり、お食事会で美味しいものを食べて楽しんだりができたことはステキなことだと思います。

楽しみながら施設のみなさんと交流もできたこと、ほんとうにうれしく思います。

みどりぐみは休日に遊園地に遊びに行く感覚で参加してもらえるのがわたくしの理想です。
休日の時間の過ごし方のひとつです。
自分で切符を買って、時間を使って楽しむ場所です。
こういう楽しみ方に賛同していただける方の参加をお待ちしています。

by omori-sh
[PR]
by midori-gumi | 2006-07-20 11:24 | なかま

第14回

前回は1周年、という特別な気持ちがあったんですが、今回ははじめての企画を考えたので、前回よりもずっと特別な気がしていました。
特別な企画といっても、それは活動のあとみんなで食事に行くということなんですけれど。
でもハピネスさつまの看護師yukoさんから施設から3名一緒に参加して下さると聞いて、リーダーのわたくしはたいへんに喜んだわけです。
だから今回もすごくワクワクしながら施設に向かいました。

本日の参加メンバーは、前回と同じです。
つまりベテラン歯科衛生士3人衆。
なのでハイクオリティなケアを効率的に。

d0064175_21213839.jpg

あれこれ指示を出さなくてもちゃんと進んでうまいことやってくれます。
リーダーは楽ちんです。
d0064175_21231551.jpg
現在の同僚、sayuさん。

本日一番多くの方のケアをして下さいました。
腰が痛かったでしょうか、ごめんなさい。
今夜しっかりストレッチして下さいね。

また火曜からお仕事一緒にがんばりましょう。
ハピネスさつまからは最も家が近いですね、今後ともどうぞよろしくお願いします。

d0064175_2123516.jpg
将来の同僚のtsmtさん。

現在はこの地域の病院歯科勤務。
なんとハピネスさつまの利用者さんが歯科保健センター経由でtsmtさんが勤務されている病院で歯科治療を受けることになったそうです。
難しいので全身麻酔下でされるとのこと。
よろしく。

現在わたくしの歯科医院をつくるにあたり、いろいろと参加していただいていますが、みどりぐみのことも末永くお願いします。

d0064175_2124238.jpg
元同僚のbakuさん。

遠路はるばる大阪からです。
現在新しい職場でがんばっておられます。

みどりぐみはbakuさんのおかげでここまでやってこられたんだと思います。
立ち上げのときからずっとお手伝いいただいて、いろいろ教えてくれましたね。
これからもみどりぐみに参加してくれる歯科衛生士にアドバイスよろしくお願いします。

今回は翌日が海の日でお休みということもあってか外泊されている方も多く、口腔ケアをさせていただけたのは41名でした。
ですから歯科衛生士ひとりあたり平均12名くらいで、残りはわたくしリーダーがさせてもらったことになります。
d0064175_2147564.jpg
リーダーのわたくしは主に寝かせ磨きをさせてもらいました。
寝かせてやったほうがやりやすいに決まっています。
本当は全員に対してできたほうがこちらサイドが行う口腔ケアとしては質が上がります。
でもわたしたちは自分たちがやって来て、いかにきれいにするか、ということだけを追い求めているわけではありません。

メインテーマは少し違うところにあると考えています。

わたしたちの活動がきっかけで、少しでも施設の方々のお口の中の状態がよくなればいいのです。
わたしたちはあくまでもきっかけに過ぎません。
施設利用者さんや職員さんに何かを与えることができ、すこしでもみなさんが自分たちの力で清潔なお口を維持できることこそが目的なのです。

そういう意味で、まず歯科というものをみなさんに身近に感じてもらえることが大切だと思います。

d0064175_226315.jpg
寝かせ磨きさせてもらっているtkmtくん。

歯科保健センターで歯石除去をしてもらっているので、ずいぶん歯肉の炎症は軽減されました。
施設の方もtkmtくんのハミガキをがんばってして下さっていると聞くと、やっぱりうれしいです。
tkmtくんのお母様がぼくらの活動を全面的に支持して下さっているのもすごく励みになります。

d0064175_2211474.jpg
歯ブラシを一瞬でダメにしてしまうymdくん。

最初はすごくブラッシング自体に拒否反応だったのですが、時間の経過とともにご自分で磨いて下さいました。

リーダーのテンポではうまく行かなくても、歯科衛生士に交代すると、できるようになったケースは決して珍しいことではありません。
そういう事例をもっとつくりたいですね。

やっぱり自分とペースというか波長が合わないとなかなかうまくいかないんでしょう。
わたくしのようなせっかちだと合わせることが苦手な人には厳しくなるに違いないのです。
だからこそ、歯科衛生士さんたちには期待が膨らみます。
みなさん、どうぞわたくしの穴を埋めて下さい!

d0064175_22183732.jpg

さて、本日の活動記録タイム。
今日は恒例だったおやつはごくごく軽いものです。
なぜならこれからみんなで食事だから。
しかもお店の予約は17:30です。

記録も効率がよくなり、余裕が出てきています。
さあ気持ちはこのあとの食事会です。
ひとまず今回の活動は終了。
d0064175_22322146.jpg


17:30までに少しばかり余裕があったので、お店の近くの神社に行くことにしました。

d0064175_22342540.jpg
わたくし、神社とか寺院とか、好きなのです。
雰囲気とか建物が好きです。
自然に融け込んでいるところがすばらしい。

立派な神社です。
このあたりではもちろん有名。
わたくしは今回がはじめてでしたが。

鹿島神社は学問の神様が祀られていて、合格祈願に来られる方が多いそうです。

行事のときは大にぎわいになるような神社ですが、普段はひっそりとしています。
わたくしはそういうところがまた好きです。

しばらく神社をプラプラしてから、お店に向かいました。
楽しみにしていた食事会です。

d0064175_22413778.jpgハピネスさつまからは施設長のfkdさんと支援員のonsさん、そして看護師のyukoさん。
普段接しない方と話せるというのはわたくしにとってはたいへんうれしいことです。
やっぱり刺激が違います。

とくに閉鎖的な場所で働いている我々にとっては外の世界とつながっておくということは必要なことだと思います。
油断をしているとつい殻に閉じこもってしまいがちで、閉じこもっていることに気がつかなくなってしまうからです。
閉じてしまったことがわかっていても開かなければ閉じたままです。
「気がつく」ということは行動が伴ってこそだと思います。

「頭ではわかっているんだけど、なかなかできない」は「できない」にほかならないんですね。

なぜこんなことを言うかというと、この食事会を企画したからこそ、こうやってfkdさんやonsさんと話すことができたからです。
声を掛けなければこういうチャンスが生まれなかったわけです。
これは確実に大きな一歩です。

「この食事会は、みどりぐみをはじめてから、ぼくのひとつの夢だったんです」
「すぐにかなってしまう夢でしたね」
「いやいやまずはこの一歩なんです」

大きな夢への実現に向けては、まずかないやすいところから。
それをつくづく感じました。
fkdさんやonsさんからはいいお話を聞くことができました。
もっといろいろ話してみたいですね。
次の機会の楽しみにとっておきましょう。
d0064175_2321539.jpg

料理も好評で、いい企画だったと自画自賛しております。
おもしろい企画があればぜひみなさんからも提案して下さい。
ちょっとしたきっかけで、思いがけず夢がかなうこともあるかもしれません。
まずは小さな夢から。

本日は長時間おつき合い下さいまして、どうもありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

by omori-sh
[PR]
by midori-gumi | 2006-07-16 21:34 | かつどう

次回(7月)の企画(7/16までtop固定)

次回第14回の活動は7月16日(にち)です。
少し遅めのスタートを考えていましたが、いつも通りに集合で行いたいと思います。

13時半頃から口腔ケアを開始して、15時半頃まで。
その後16時半頃まで記録やお茶タイム。
でも次回はこのときお菓子を我慢しましょう。

みどりぐみとしてははじめて活動後の食事会を企画しました。

お店は17:30で予約済みです。
お店の場所は鹿島神社の近くです。
住所は高砂市阿弥陀町阿弥陀字中道99-1で、国道2号線阿弥陀交差点(高砂北ICを西に数百m)右折すぐです。
JRだと曽根駅が近くなので帰りも便利です。

お店の名前は「ファーマーズ・キッチン イヌイット」です。

実はリーダーはこのお店を雑誌で見つけて視察および試食に行ってきました。
お勘定を支払うとき10名で予約を入れたわけです。

ということで次回のみどりぐみは活動後の食事会への出席確認をしたいと思います。
活動のみの参加ももちろんOK、食事会のみの参加もご相談下さい!

参加希望の方はリーダーのomori-shまでご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします!

by omori-sh
[PR]
by midori-gumi | 2006-07-15 21:20 | おしらせ