ブログトップ

みどりぐみ

midorigumi.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第34回

前回は雪が舞っていたのが、すっかり春めいて、いい天気に恵まれた3月の活動です。
ハピネスさつまに向かう道すがら、花が咲いているのが目に止まります。

春の陽気に、ハピネスさつまのみなさんも上機嫌です。
にやにやしながら現れたKさん。
d0064175_20122926.jpg

最近はこういう日が多いですね。
ブラッシングにも積極的です。
だからといって自分でうまくできるかというとそうではないので、わたしたちが口腔ケア。
寝かせて施設職員さんの手を借りて。
d0064175_20123777.jpg

これでも以前よりはずっと抵抗が少なくなりました。
ずいぶんさせてくれるし、終わったあとも落ち着いています。
歯肉の状態も安定していると思います。

本日参加して下さったメンバー。
nokさん。前回に続き参加して下さいました。
前日友人の結婚披露宴に出られて、遅くまで旧友の方たちと楽しい時間を過ごされて、お疲れのところ足を運んで下さいました。
ありがとうございます。
d0064175_20125339.jpg

kikさん。彼女も前回に続き参加して下さいました。
少しずつみどりぐみにも慣れ、積極的にブラッシングを引き受けてくれる姿が印象的です。
ありがとうございます。
d0064175_2013320.jpg

tkkさん。3か月ぶりに参加して下さいました。
寝かせみがきをして、丁寧にブラッシングをしてくれます。
ありがとうございます。
d0064175_20131650.jpg

みどりぐみに参加して下さるみなさんは、とっても真剣に取り組んで下さいます。
ひたむきな姿にいつも感動します。
こうやって協力して下さること、心から感謝しています。

d0064175_20141477.jpg

先日の職員研修のときにお話させていただきましたが、もしできるならば、できるときだけでいいのでこうやって寝かせみがきをしてあげていただきたいと思います。
難しい人は誰がやっても難しいです。
なのでちょっとでも効果を高めるためにもやりやすい方法でやっていただきたいですね。

洗面所では3人で同時に行うので、ところ狭し、といった感じになります。
d0064175_20142214.jpg

Mさんはいつの頃からか歯みがきが好きになって、自分はとっくに終わっているのにやってきて、もっと歯みがきしたそうにしています。
歯をきれいにしたいと思うようになったことは、何より大きい効果です。
d0064175_2015325.jpg

d0064175_20151749.jpg


最近女性陣の部屋に行ったとき、ちょうどお風呂と重なるので、女性の部屋ではペースがゆっくりになります。
なので1人1人の時間が長くなりますから、より丁寧な口腔ケアができていると思います。
d0064175_20154814.jpg

わたしは歯科衛生士さんたちのアシスト役にまわります。
女性はいろいろとお話をしたい人が多く、会話も増えるのでちょうどよいですね。
d0064175_20155512.jpg

tkkさんは左手でも器用にブラッシングできます。
口腔ケアをする場合、両利きというのは大きなメリットになります。
どうしても右利きだと右の歯を磨くのが難しいからです。
d0064175_2016898.jpg


さて、本日の子どもたち。
ハピネスに着いたらさっそく外で虫を探したり縄跳びをしたり。
あたたかくなってきて外で遊びたいというので自由にさせています。
しばらく外で遊んでから入ってきて、今度はテレビに釘付け。
ここでの楽しみです。
d0064175_20162111.jpg


いつも笑顔で近寄ってきてくれるMさん、今日は肩もみをしてくれました。
d0064175_20163311.jpg

施設のみなさんとこうやってコミュニケーションをとる余裕があるのがいいですね。
春の日差しが窓から入ってきます。
昼下がりののどかな時間、なんだかまったりしてしまいます。

そして、活動後のお楽しみ、おやつの時間です。
こちらが本日のおやつ。
家族会のみなさんからシュークリームを差し入れていただきました。
ありがとうございます。
d0064175_20165439.jpg

本日妻がつくってきたおやつはクッキーです。
なかなかの出来です。
d0064175_2017183.jpg

子どもたちにとっても楽しいいい時間。

日曜の午後、お休みの日にわざわざこうしてボランティアに参加していただける仲間がいるということをあらためてうれしく思えました。
4月からは第2日曜日の活動になります。
ぜひ今後も参加していただけることを願っています。

d0064175_20171331.jpg

今日もいい活動になりました。
集合写真の顔が実によくてうれしいです。
ありがとうございました。

次回のみどりぐみは4月13日です。
新年度ということで歯科健診を予定しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

by omori-sh
[PR]
by midori-gumi | 2008-03-16 20:17 | かつどう

職員研修 その2

3月8日(土) 13:40~ ハピネスさつま会議室

わたくしomori-shがハピネスさつまの職員研修に講師として招かれました。
講師といっても、職員のみなさんの質問にお答えしたり、口腔ケアについてアドバイスするというゆるーい感じのものです。

事前にプレゼンテーションソフトの準備をすることもなく、午前の診療終了後、家族でハピネスさつまを訪れました。

いつもみどりぐみの活動のあとでおやつをいただく会議室で、参加できる支援員のみなさんに集まっていただきました。
普段お会いしている知った顔ばかりなので、気楽なムードです。
でも、みなさんからいただく質問に答えながら、素朴な疑問に対しわかりやすく答えることが難しいことを感じました。

求められている答えになっていないかもしれないなあ、ピントがずれているかもなあ、と心配で、質問して下さった方の顔色をうかがいます。

わたしにはわからないこともたくさんあり、また逆にわたしから聞きたいようなこともあります。

なのでわたしにとってもとてもいい勉強になりました。


今回の研修で受けた質問を通じてわたしなりにまとめてみます。

■口腔ケアが難しい人は、誰がやっても難しい
これは当たり前のことなのですが、拒否の強い方の口腔ケアは難しいです。
みどりぐみの活動時にいつも難しい方は支援員さんも手こずっておられます。
「○○さんはなかなか口を開けてくれないのですが、どうやったら口を開けてもらえますか」という質問をいただいたとき、「こうすればいいんですよ」とは答えられないわけです。
技術的なアドバイスもある程度させていただきましたが、自分たちもみどりぐみの時苦労しているし、できる範囲で続けていきましょう、となるんです。
もの足りないかもしれませんが、できることをできる範囲でやることは大切だと思います。

■自立していると認識されている人にも介助してあげてほしい人がいる
事前に現在施設で行っておられる口腔ケアの状況をまとめていただいていて、それに目を通させてもらうと、予想はしていましたが、「この人は自分でやれるからOK」としている人に要注意な場合が多いです。
老人介護においてもしばしば見受けられることだと思います。

■歯周病のリスクが高い人が多く、支援員さんの認識以上である
ハピネスさつまは18歳以上の方ばかりなので、口腔内のトラブルは圧倒的にむし歯よりも歯周病です。
そのほかに外傷がありますが、外傷は口腔ケアで防げることではありません。
そして障害の種類にもよるでしょうが、歯周病の進行が深刻な方が多いです。
若くして重度の歯周病を患っておられる方もおられます。
歯周病の観点からすると、老人施設よりもダイナミックに変化する方が多いので、いっそう口腔ケアの重要性が高いともいえるかもしれません。
そして支援員さんの年齢が若いため、歯周病についての実体験に乏しく、認識も不足しているように感じました。
支援員さんと歯科疾患のお勉強をすることも研修テーマとして必要かもしれません。

■同じことのくり返し
わたしたちは日々同じことのくり返しを行っているもので、口腔ケアももちろん同じことのくり返しです。
同じことをくり返していくことで変化する、ということを理解する必要があると思います。
すると同じことのようで少し違ったことができるようになっていく、というところにつながるんですね。
わたしが今日一番伝えたかったのは、口腔ケアをしているとき、「いまどこをブラッシングしているかを意識してみがいてあげてください」ということです。
どの歯のどのあたりに歯ブラシの毛先が当たっているか、想像しながらブラッシングをしていただけたらと思います。
それをくり返し続けることで、やっていることは毎日同じでも、今までとは違う結果につながるのではないでしょうか。
そしてこのような研修も、同じような研修であっても、何度も何度もくり返し行っていくことで成果が上がるようにも感じました。
わたしが今日話して伝えたつもりになっていることも、わたしの伝え方も未熟なので、すべてが伝わったわけではないでしょう。
なので、この研修も何度もくり返してさせてもらってもいいかなと思います。


支援員さんからの質問にお答えするかたちで研修の場でも提案させていただいたのですが、口腔ケアの実技については、相互実習をされるといいのでは、と思います。

もちろんブラッシングはご自分で毎日されているでしょうが、自分以外の人の歯をみがく、というのはあんまりやらないことです。
それをまず自分たち同士でやってみる、というのはいかがでしょう。
この提案については、今後もくり返し出していきたいと考えています。

口腔ケア研修実技編、というのもおもしろいかもしれません。

そのときはみどりぐみに参加して下さっている歯科衛生士・歯科助手のみなさんにもお集まりいただいて、にぎやかにできたらいいですね。


今回の研修は、たいした準備もなく、手ぶらでお邪魔したわけですが、わたしにとってとてもいい研修でした。
土曜の午後、約1時間半という限られた時間ではありましたが、少しでもお役に立てたなら幸いです。

以上、口腔ケア研修の報告でした。

by omori-sh
[PR]
by midori-gumi | 2008-03-08 17:43 | できごと

3月の活動予定

3月になりました。
前回の活動日、集合写真を撮るときに日が長くなったことを感じました。
そして「次回はあったかくなってるかなあ」と思いました。

3月のみどりぐみは3月16日(にち)です。

いつもどおり、13時15分ハピネスさつま集合でお願いします。

なお、その前に、職員研修にリーダーのomori-shが参加することになっています。
3月8日(土)13時30分ごろ~ ハピネスさつま会議室 

みなさんの口腔ケアについて、ディスカッションすることになっています。
ご興味おありの方は、ご参加下さい。


今後の活動ですが、4月と5月の2回は昨年と同様、入居者の歯科健診をさせていただくことになります。
人手があると助かるのでスケジュールが合えば足を運んでいただけたらと思います。

そして、4月から、みどりぐみの活動日を第3日曜から第2日曜に変更させていただこうかと考えています。
行事との兼ね合いで、適宜変更はあるかもしれませんが、原則第2日曜ということになる予定ですので、よろしくお願いいたします。

omori-sh
[PR]
by midori-gumi | 2008-03-02 06:13 | おしらせ