ブログトップ

みどりぐみ

midorigumi.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第92回

3月16日、春を感じながらのみどりぐみ。
花粉症の方にはつらい時期ではありますが、行楽日和の中、ハピネスさつまに向かいました。

本日の参加は、hdkさん、omori-hiさん、omori-shに加え、kasuとchuも。
お手伝い、よろしくね。

歯ブラシ交換や、記録係にカメラマン。
d0064175_20293134.jpg

なかなか上手に撮れてますね、chuさん。
d0064175_20294471.jpg

子どもたちをみどりぐみの活動に連れてくるのは、いろいろな意味があります。
はじめた頃、kasuは小学1年生、chuは幼稚園児でした。
留守番はさせられない、という理由もありましたが、子どもの頃から自然にこういう施設を身近に感じてもらいたかったのです。

いつの頃からか、ついてこなくなったわけですが、こうして中2と小5になってもたまに一緒に来て、障害者施設を体験することで、何かしら感じてくれるのではと思います。
親の姿を見ることにも意味があるのではないでしょうか。
d0064175_20302556.jpg

背が伸びるとともに、視点が変わってゆきます。
見え方が変わるんですね。
あの頃見た光景と、今見る光景は、きっと子どもたちの目には違ったものとして映っていることでしょう。
d0064175_20312869.jpg

ハミガキという日常の生活動作が、いかに大切なことか。
決して特別な技術を駆使しないとできない行為ではありません。
d0064175_20315468.jpg

生活習慣の中にきちんと組み込まれるか否かで口の中の状況は全然違うものになるでしょう。
一日のうちわずか5分や10分の行為です。
d0064175_20322598.jpg

みどりぐみの活動も、わずか1か月に1回だけで、活動時間は1回2時間半程度です。
本当に、わずかなことなんですが、そのわずかなことを続けるだけで、すばらしい出会いとたくさんのありがとうをいただいています。
何だか恐縮なのですが、やっぱりわずかなことの積み重ねが大切なんだなあとつくづく思います。
d0064175_2032354.jpg

そんなことを子どもたちにも伝えられたらいいなあと思うのですが、それはなかなか難しいです。
ある程度年をとって、さまざまな経験をしてからでないと気づかないことが多いです。
d0064175_20332981.jpg

若い人は、経験がない分、可能性があります。
持っている可能性を、わずかでもいいから生かしていって欲しいですね。

今気づかなくても、いつかきっと、親に連れられて行った思い出が生きてくれたらうれしいです。
d0064175_20334520.jpg

たぶん、貴重な体験をしていると思います。
小さい時から何度も来ているから、インパクトがないというのはあるでしょうけど。

しかしながら、こうして毎月来ているわたしたちでも、毎回わずかながらも新たな発見や喜びがあります。
d0064175_20343466.jpg

ああ、この人はこんな人だったんだ、とか、こうしたらうまくいったから、次もやってみよう、とか。

なかなかに、奥が深いです。

hdkさんが犬のおまわりさんを歌いながらブラッシングをすると、協力的に口を開けてくれたというtkmtくん。
日本昔話の歌ではその協力は得られなかったそうです。
d0064175_20344723.jpg

春だなあと感じるエピソードもありました。

春は別れの季節。
移動でこの施設を離れることになったという支援員さんがあいさつをして下さいました。
残念な気持ちはあるのですが、新天地でぜひとも活躍していただきたいと思います。

こうして直接声をかけてもらえることが、うれしいです。
もちろんここに来ても会えなくなることは悲しいことなんですが。

先日から立派な車いすを使用しているTさん。
d0064175_2035218.jpg

8年続けていると、さすがにみなさん少しずつ変化してゆきます。
加齢は避けることができませんから。

ハミガキしようとすると口唇が緊張して、難しかった方も、徐々にリラックスしてできるようになっています。
これも日々のアプローチのおかげだと思います。
d0064175_20354154.jpg

女性のユニットへ。
活動も後半です。
d0064175_2035567.jpg

こちらでも支援員さんがたいへん協力して下さいます。
何かしら、刺激を与え合いながらできればいいなと思います。
d0064175_20362285.jpg

現場で体当たりで仕事をされている若い人たちに、わたしも刺激をもらいたいです。
若さは間違いなく武器です。
若いときじゃないとできないことをぜひともやりましょう。
d0064175_2037791.jpg

4月から、ハピネスさつまも若い職員さんがますます増えるそうです。
たいへんな側面はあるでしょうが、ぜひますますいい施設になってもらえたらと願います。
d0064175_20372046.jpg

わたしに何ができるかわかりませんが、わずかでも、お力添えができればと思います。
d0064175_20381292.jpg

4月から、別の施設に移るという利用者の方もあります。
もう会えなくなるんだと思うとこれまたちょっと寂しい気持ちになりました。
でも、その分また新しい出会いもあるはず。

誰もが次に置かれた場所で、花が咲きますよう。

さて最後のユニットです。
d0064175_20384040.jpg

もっともにぎやかな場所です。

冬場なら暗くなってくる時間帯ですが、まだ外は明るいです。
もちろん中も明るいです。

ちょっとご機嫌ナナメな方もありましたが、少しずつ元気を取り戻してくれました。

日によってうまくできる日とそうでない日があるのも、人間らしさだなあと思います。
ここにいる人たちはとっても正直なので、そういうことも気づかせてくれます。

今日も約50人の口腔ケアをさせてもらいました。
記録タイムです。
d0064175_2039969.jpg

子どもたちが手伝ってくれたおかげで、助かりましたよ、ありがとう。

そしておやつタイム。
なんとユーハイムのバームクーヘン。
d0064175_20392263.jpg

おいしくいただきました。

最後の集合写真は2枚。
看護師さんが交互に撮って下さいました。
d0064175_20401033.jpg

ところで女性陣はどうしてナナメなんでしょう。
d0064175_2040245.jpg

この時点でもまだ外は明るい。
うれしいですね。

帰り際にヤギとウサギと戯れて。
d0064175_20405112.jpg

ああ今日もいい活動ができたことに感謝。

次回のみどりぐみは、4月20日(土) 15時~ です。

ぜひぜひご参加ください。
久しぶりの方、歓迎ですよ。

by omori-sh
[PR]
by midori-gumi | 2013-03-16 20:41 | かつどう

3月の活動予定

春の訪れを感じる日々です。
梅のほかにも蕾が膨らんでいる花たち。
入試に卒業式と、お忙しい家庭も多いことでしょうが、みどりぐみです。

3月の活動は、3月16日(土)です。
15:00 ハピネスさつま集合でお願いします。

参加ご希望の方はomori-shまでご連絡いただけますと幸いです。

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

by omori-sh
[PR]
by midori-gumi | 2013-03-01 13:47 | おしらせ